インターネット

光回線の工事が可能な賃貸住宅を選ぼう【超大事】

どうも、ししとうです。

男性
賃貸住宅で住んでいるけど、新たにインターネットって引けるのかな?
男性
住宅を選ぶ際にインターネット環境に関して注意することって?

今回の記事では、こういった悩みに対して僕の経験から学んだことを書きたいと思います。

賃貸住宅のインターネット環境

この時代ですから、マイホームを購入せずに生涯賃貸という人生計画を立ててる人も少なくないはず。

しかし、当然ながら購入と賃貸では物件の所有者が異なりますので、賃貸の場合、好みに合わせて形状を変えることは原則許されません。

僕自身も生涯賃貸スタイルの一人ですが、引越しの度に考えさせられるのがインターネット環境についてです。

快適な光回線を使用したいけど、自分の選んだ物件が工事不可、エリア対象外などなど。

標準装備のインターネットはゴミ

賃貸住宅のインターネット整備状況は大きく2つのパターンがあります。

  1. 物件にインターネットが標準装備されているパターン
  2. インターネットが装備されておらず自ら用意する必要があるパターン

2については下で触れますが、1についてはハッキリ言います。

標準装備されているインターネットはゴミです。

※一部の物件に当てはまらない可能性があります。

これは大半の物件がコスト面で最低限のインターネットしか整備しないからだと思います。

これで物件情報には「インターネット有り」って書くことが出来ちゃうんですよね。

僕も過去にインターネットは標準装備されているけど、通信速度が遅すぎて実質使い物にならなくて別途契約した経験があります。

なので、物件選びの際に表記上の「インターネット有り」はあてにしない方が無難です。

工事が不可な物件が多い

次に2の自らインターネット環境を整備する場合についてです。

インターネットを使用するには契約して自分の家や部屋に線を引込む必要があり、基本的に電柱からの引込みになります。

当然ながら、窓から引込む訳にはいかないですから工事が必要となってきます。

しかしながら、賃貸の物件は所有者=住人ではありませんので、住人自らが物件に穴を開ける等の許可を下すことができません。

そもそも賃貸住宅には「工事不可」という条件が付けられている場合が多いです。

なので、自分の望むインターネット環境を作るには、工事可能な物件を選ぶ必要があるのです。

インターネット環境から選ぶ賃貸住宅

賃貸物件を選ぶときはインターネット環境を重視する方は少ないと思います。

中には僕のように細かな間取りなんかよりもインターネット環境のことしか気にならない方もいるかと思います。

そこで、インターネット環境で失敗しないための物件を選ぶ際に気をつけるべき項目について書きたいと思います。

各戸までの接続方法を確認すること

これは物件情報に「インターネット付き」などと表記のある物件に限ります。

マンションやアパートの集合住宅住宅の場合、大体が建物のある箇所にインターネットを引込み、そこから各戸へ配線することでインターネットを使えるようにしているのですが、この各戸への接続方法が非常に重要なんです。

例えば、あるマンションは光回線を引込んでおり、各戸へLANケーブルで接続していました。

勿論、物件情報には「光回線付き」と書かれています。

しかし、実際に住んでみると何だか通信速度が早くない。むしろ時間によっては繋がりにくい状況がある。

※僕が実際に経験した内容です

これは各戸への接続方法が原因なのです。

光回線1本で各戸まで届いていれば1Gbpsなどの早い速度で通信することができますが、LANケーブルを用いて接続していた場合、通信を各戸で分けているイメージをしていただくと分かりやすいと思います。(下図参考)

出典 :NTT西日本

大体の物件でLANケーブルを用いて接続しているので、あまり期待できることではありませんが、確認するようにしましょう。

あわせて読みたい光回線とADSL回線の違いを知ろう【基本】

続きを見る

契約前に工事可能か確認すること

残念ながら、インターネット環境が無い、又は望んだ通信速度が出ない場合は個人で契約、工事が必要となってきます。

なので、新しい物件を契約する前に工事が可能かどうかを調べておく必要があります。

物件が工事可能エリアか確認すること

また、物件自体が工事OKでも契約しようとする会社の工事可能エリアに物件がないと工事を行うことはできません。

なので、NURO光ならNURO光にeo光ならeo光に問い合わせて確認しておきましょう。

上層階の部屋を契約しないこと

物件が工事OKかつ工事可能エリアにあったとしても、工事ができない場合があります。

それは、高さの制限がある場合です。

基本的に引込み工事というのは電柱から引込むことになるのですが、エリア内であっても、マンションの上層階などの場合は物理的に工事が不可能になってしまいます。

電柱の高さはマンションでいうと3階くらいでしょうか。

なので、10階の部屋などの場合は工事が難しくなります。

上記に書いた、工事可能エリアかどうかはあくまでも平面的な確認であって、立体的な確認は工事前の現地確認の際に行われるパターンが多いです。

事前に高さが分かる写真などを撮ったうえで直接工事可能かどうか聞くのがベストな確認となると思います。

実際に速度測定するのもアリ

賃貸物件に標準でインターネットが付いており、望んだ通信速度が出るのであれば、新たに工事等は必要ではありません。

そういった意味でも、標準装備されている場合は実際に部屋に入れてもらって通信速度を測定するのもありです。

仲介人からすると結構めんどうなオーダーになるかもしれませんが、契約して住んでからでは対策できない場合がありますので、そこはお願いした方が良いと思います。

まとめ

  1. 物件情報にある「インターネット付き」は信用しない
  2. 光回線が標準装備である場合は各戸までの接続方法を確認する
  3. 契約前に必ず引込み工事が可能か確認する
  4. 工事可能なエリアの物件か確認する
  5. 上層階の部屋を契約しない

この5点を守れば賃貸物件でも快適なインターネット環境を整備することが出来ます。

この記事はマンションやアパートの集合住宅の賃貸物件を想定して書いています。

なので、戸建ての賃貸物件を選ぶ方にはあまり参考にならないかもしれませんが、賃貸物件の大半は集合住宅です。

僕は戸建ての物件を契約した経験がないので詳しく記事にできませんが、戸建ては工事不可の物件が少ないと聞いています。

そういう意味では、戸建ての物件を探すのもアリかもしれませんね。

 

以上、少しでも参考になれば幸いです。

-インターネット

Copyright © ししとう.com , All Rights Reserved.